パタヤからも近い!バンコクから2時間ほどで行けるタイの地獄寺「Wat Saen Suk」へ行ってきた


P7301788

今住んでいるのがサムットプラカーンなので、今回はサムットプラカーンのバンナからロトゥーに乗ってまずはバンセーンまで行く。午後2時くらいに出発して大体1時間ほどでバンセーンに着いた。

広告

場所

意外と街中にある。徒歩で行けなくもない距離感。ただ、この日はバイクをレンタルしていたのでちょうどよかった。

入り口

一応、街中から近いけど、入口付近はこんな感じ。あまり暗い時間帯には来ない方が良さそう。
P7301725

かなり斜めに立っている門。
P7301727

今までに行った地獄寺とは違って街中から近いせいか屋台や一般客も多かった。
P7301878

いざ、地獄寺へ。
P7301744

序章

入口付近にいた閻魔。
P7301733

ヘソの中にお金を投げ入れていた。入ると幸せかお金が自分に戻ってくるみたいな感じだろうか?
P7301738

眉毛無、白目無。
P7301741

悲しい表情。
P7301770

地獄エリア

いきなり目玉の巨人二人組。
P7301788

その下で巨人を囲むかのように並んでいる奴ら。
P7301791

ニュートラルポーズっぽい。
P7301793

腸を食べる鳥。
P7301794

巨人を下からアップで撮ってみた。
P7301838

アップにすると落ち武者感がすごい。そして、背景の空が無駄に天気が良い。
P7301841

腹に顔が移植された奴。
P7301802

3人組。
P7301815

少し悲しそうな表情でガイコツを見る男性。
P7301818

まとめ

これまで行った地獄寺の中で一番行きやすく、寺も小さくカジュアルな地獄寺だった。インパクト的にもこれまで行った2つよりも弱いものになっているが、リゾート地の近くということもあり、ついでに地獄寺がどういったものなのか観に来るのには良い気がした。また、今までの地獄寺と違って英語での説明書きなんかもあって観光客も多いのかな。ちなみに入場料等は必要ない。

観光客向けと言えば写真撮影のサービスがあった。入り口付近にあった閻魔の近くにカメラを持った人が居たがどうやらここで写真を撮って、出口で印刷した写真立てを買うことが出来るようだ。それほど観光客の中では有名な場所なのかもしれない。

最近、忘れかけていてあまり地獄寺巡りが捗っていなかったけど、また少しずつ再開していきたいと今回行ってみて思った。今まではバンコク周辺が多かったけど、チェンマイ、チェンライの方にも足を伸ばして地獄寺に行ってみたい。今年こそはチェンマイにコムローイを観に行きたいのでそれのついでに周辺の地獄寺を見に行けたらいいな。

今回載せた写真以外のものは下記から。
P7301725

関連記事