3つの頭を持つ象がある「エラワン・ミュージアム」へ行ってきた


P9102449

日曜日の昼にさくっとどこか行けないだろうかとgoogle mapで調べていると近くにエラワン・ミュージアムがあったのを思い出したので行ってきた。

広告

場所

BTS Bearing駅からタクシーで10分ほど。バスで行く方法もあるらしいがタクシーでも100B以下なので無難なタクシーがオススメ。

園内

高速を降りたところくらいに入り口がある。
P9102566

白人観光客よりもタイ人多め。
P9102564

店舗は少ないけど食事をするエリアもあった。
P9102563

練り物を揚げたやつ。
P9102436

定番のヌードル。
P9102441

テーブルと椅子が豪華。
P9102438

クソ暑くて木があって良かった。
P9102439

メインの3頭の象の建物以外はそこまで興味を引くものは無い。
P9102445

木が多くて3頭とも収めるのが難しかった。
P9102449

下から。近くで見ると結構でかい。
P9102453

それを囲むように色とりどりの象がいる。
P9102461

現地の人がお祈りに来てるパターンも多いのかもしれない。
P9102470

3頭の象がいる建物。ピンクだ。
P9102462

中はこんな感じ。
P9102483

ステンドグラスが綺麗。晴れている時に来て良かった。
P9102474

普通に触れる距離にあるので壊さないように。
P9102484

こちらも誤って壊してしまいそう。
P9102485

ステンドグラスのところまで登ると更に上に続く螺旋階段があるので、それを進むと仏像が祀られている部屋に着く。
P9102496

部屋一面に星座が描かれていて今まで見た仏像が祀られている部屋とはちょっと趣が違う。
P9102498

宇宙をイメージしてる?
P9102506

周りの個別の仏像は撮影禁止のマークがあった。警備員も居て、皆バンバン正面の仏像は普通に撮っていたので正面の仏像だけはきっと撮影大丈夫なのだろう。。。
P9102507

ステンドグラスを別角度から。
P9102527

シャンデリアや色んな文化が混じっているのもタイの寺の面白いところの1つ。ココは寺ではないけど。
P9102528

室内は割りと狭くあまり距離を取れなかったのでもっと広角なレンズが欲しい。
P9102531

建物を囲んでいる象はくぐれるようになっていてくぐるとそれに反応して鳴くものがあった。
P9102535

メインを観終わって少し周りを散策といっても10分もかからない。
P9102537

神話の中の動物たち。
P9102539

ここにも象。
P9102544

お祈りをする場所。
P9102558

小さな象がいた。
P9102559

ここにも。
P9102560

まとめ

いつも高速道路を通る時に見かける3つの頭を持つ象が美術館にあったというのも驚きだけど、ここの施設と以前に記事にしたAncient City(ムアンボーラーン)の運営会社も同じ Ancient City Group というのも更に驚きだった。

タイを1日で周れる古代都市「ムアンボーラーン」 | fukata.org

この3つの頭の象部分は単なる像ではなく、この部分まで登る事ができ、中には仏像が祀られていて。しかも、その空間は宇宙をイメージしているかのような不思議な空間だった。

正直、敷地的にもそこまで広くなく見るものもメインの部分くらいしかないのでバンコクから遠出して見に来る価値があるかというと微妙かもしれないけど、BTS Bearingの近くに寄った際はさくっと訪れる事が出来るので一度訪問してみるのもありかもしれない。もしここに寄った際は近いので一緒にムアンボーラーンにも行ってみる事をオススメする。ムアンボーラーンの園内はあまりにも巨大過ぎて回るだけでも一苦労なので、自転車ではなくカートか観光バスを使った方が良い。

入場料についてはタイ人と外国人で値段が違い、タイ人が200B、外国人が400Bとなっている。外国人でも労働許可証やタイの免許証などを提示すればタイ人と同じ値段で入る事が可能。自分はたまたま労働許可証を持っていたのでタイ人価格で入る事が出来た。自分はタイの免許証持ってないのでパスポートのVISAページを見せるだけでタイ人価格で入る事が出来ればいいんだけどな。

関連記事